2005年11月21日

第15回 二つの顔

17.jpg

セカンド・シーズン

刑事コロンボ
二つの顔
DOUBLE SHOCK



日本放送 73年12月

脚本・・・スティーブン・ボチコ&ピーター・アラン・フィールズ
監督・・・ロバート・バトラー
ゲスト・・・マーティン・ランドー


ストーリー

大富豪パリスは、もう高齢でしたが孫のような若い娘リサと婚約しており結婚式の前日もフェンシングの試合をするほど元気でした。その晩、料理研究家の甥デクスター(マーティン・ランドー)が結婚式のお祝いを言うためにパリス邸を訪れます。いったん帰ったように見せかけたデクスターは再びパリス邸の浴室に現れ、入浴中のパリスの浴槽に電動式のハンドミキサーを投げ込むとパリスは感電死してしまいます。その後パリスに会いにきたリサがトレーニングウエアを着てフィットネス用の自転車に乗って死んでいるパリスを発見します。この時点でコロンボが捜査に参加して浴室のぬれたタオルに気づきます。一度風呂に入った老人が、こんな夜遅くにまた運動することは、どう考えても不自然だと思ったコロンボは解剖を要請し、その結果、単なる心臓マヒではなく他殺ではないかという結果になります。甥のデクスターの莫大な遺産目当ての犯行では?とにらんだコロンボ。しかし、そんな時デクスターの兄ノーマン(マーティン・ランドー、2役)が現れます。彼らは一卵性双生児で外見がまったく同じだったのです。
真面目な銀行員のノーマンには借金がありました。こうなると動機は2人ともにあり、しかもお互いに憎みあっていて、どちらも自分は犯人ではないと主張します。
しかしパリス邸の家政婦ペック夫人の何気ない証言から殺人事件が起きた時間に停電していた事実を知り、コロンボはこれは一人で出来る犯行ではない・・・。デクスターとノーマン、この2人が仕掛けたトリックに気づいたコロンボの逮捕の決め手は・・・?

感想

セカンド・シーズンの終わりにふさわしいエピソードの、二つの顔は「ひねりにひねった」作品です。まず最初に殺人が行われて見ているほうは犯人がわかっている気になっています。しかし後に、その犯人とそっくりの双子の兄弟が出てくる!コロンボと同様に見ているこっちも頭が混乱してきて、いったいどっちが本当の犯人なのかわからなくなるのです。その双子を演じたのがマーティン・ランドー。彼は「スパイ大作戦」で変装の名人をやっていた俳優さんで、今回はまさにハマリ役です。
軽薄プレイボーイタイプのデクスターとお堅い銀行員のノーマンを見事に演じわけているのが、なんといっても素晴らしい。吹き替えは滝田裕介さんです。滝田さんは「細腕繁盛記」のショウゴ役でお馴染み。私はNHKの海外美術ドキュメンタリー「レオナルド・ダビンチの生涯」のナレーションが一番好きなんですが、とても良いお声です。これまた見事にデクスターとノーマンを吹き替え分けていらっしゃる!ちなみに近年はマーティン・ランドーさん、映画「エド・ウッド」にベラ・ルゴシ役で出ていました。さて、今回はコロンボさん、料理研究家のデクスターがやってるTVのお料理番組に飛び入りで出演というハプニングがあります。これ、まったくのアドリブだったそうで、コロンボさん&ランドーさんともに実に楽しそうなんです。「オランダ・ソース」を作るんですが卵を割る手つきもなかなかのモンでした(笑)実はコロンボさん、料理は得意なのです。しかし、このソースはコレステロールがたまりそう〜!大富豪のおじいちゃんと婚約中のリサ嬢は美人でナイス・バディです。でもお金なんかいらない、とか言っちゃうんですよね。それってどうなんでしょう?欲に目がくらんだ2人の甥にはジャマな存在だったんですよね。一方パリス邸の家政婦ペック夫人は年季が入っていて誰よりも、この豪邸を仕切ってます。しつこいコロンボも今回ばかりはタジタジでした。でも最後は几帳面で完璧主義のペックさんの証言が決め手になるんだから、いじめられても仕方がないかも知れません(笑)この作品の中でコロンボの身体的特徴がわかります。それは「偏平足じゃない」こと。犯人が偏平足という設定だったので、ちょっと自慢したくなったみたいで。そういえば刑事物のドラマでは「デカの捜査は歩くのが基本」のようなところがありますよね。よく歩いている人は偏平足にはならないんでしょう。でもコロンボさんは、いつもプジョーに乗ってると思うんだけどなぁ〜(笑)

157
posted by まほ at 08:32| Comment(0) | 第15回 二つの顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。