2005年09月23日

第6回 死の方程式

008.jpg

ファースト・シーズン

刑事コロンボ
死の方程式 SHORT FUSE


脚本・・・ジャクソン・ギリス
監督・・・エドワード・M・エイブロムス
ゲスト・・・ロディ・マクドウォール

日本放送 73年3月



今回の親戚
カメラに凝ってるカミさんの弟

ストーリー
科学者であり、弁護士の資格を持つスタンフォード化学工業の社長の息子ロジャー(ロディ・マクドウォール)は会社の金を使って遊びまわっていました。専務の肩書きをいいことに仕事もせず、ギャンブル、ドラッグなど悪さを繰り返していたのです。その上カメラ道楽もたいへんなものでした。ロジャーの父に代わって社長の座についた義理の叔父のバックナーは、そんなロジャーを快く思っていませんでした。悪事の数々をロジャーにつきつけ会社を追い出そうとしていたのです。それを知ったロジャーは叔父の殺害を計画。叔父の愛用の葉巻の箱に爆弾を仕掛けて、会議のため郊外の山荘に向かう車の中で確実に爆発するようにしておきました。それは簡単に成功して叔父と運転手の死体が見つかり刑事コロンボが捜査にかかります。殺人事件と決まったわけじゃありませんが、まぁ念のため。険しい山の中で見つかった車は黒こげで、これは何か爆発物が仕掛けられたのではないか、とコロンボはロジャーを疑い始めます。と、ここでコロンボの得意技が出てきます。どんなにしつこく捜査しても確かな証拠をつかむのが難しい場合、よくやる手なんですが。一件落着したと思って、自分が社長におさまったロジャーを呼び出し副社長のローガンとともにバックナーの山荘に向かうため、コロンボら3人はロープウエイに乗り込みます。足がすくんで目まいがしそうな高さのロープウエイの中で葉巻の箱を取り出し「これが無傷で見つかったんですよ、やはりあれは事故だったんですよねぇ〜」などど話始めます。ヤバイ、爆発すると思ったロジャーは、うろたえ狭いロープウエイの中で気も狂わんばかりです。しかし、これがワナ。その箱はコロンボが用意したやつでした。それを悟ったロジャーは「あんた、なかなかやるね・・・」と言ってしまうのでした。

感想
この作品、ちょっと評価が低いかも知れません。撮影当時、時間がなく、かなりの悪条件のもとで制作されたそうです。でも私はそれほど悪いエピソードとは思いません。ゲスト・スターが、けっこう豪華なのも嬉しいんですよね。
なんたってロディ・マクドウォールが出ているんですから。彼はあの「猿の惑星」でコーネリアスを演じていた役者さんなんです。彼の素顔が見られるだけでも良いじゃありませんか。吹き替えは野沢那智さんで、アラン・ドロンの声のイメージからは遠くて、これはピッタリって感じではありませんでしたが、ひょうひょうとした感じと笑い声はバッチリだったですね。あともう一人叔父のバックナー役のジェイムズ・グレゴリーも「猿の惑星」でアーサス将軍をやっていたそうで、思わぬ所での共演となりました。「禁断の惑星」に出ていたアン・フランシス嬢も社長の秘書&ロジャーの恋人役で出ています。二人が夜遊びでクラブ?に行くんですが、そこの音楽がと〜てもナイスなので、お聞き漏らしのないように(笑)彼女、結局ロジャーにとっての都合のいい女だっただけなんですけどね。舞台が化学工場ということもあって、どこかの、だだっ広い工場で撮影されていて工場内をゴーカートみたいな車で移動するんですが、そんな何気ないシーンでロジャーとコロンボが交わすオシャベリが楽しいんです。コロンボいわく「自分は化学が不得意で一番出来たテストが43点」とか色々と(笑)とにかくラストのロープウエイのシーンは初めて見た時は、こっちもドキドキで、まんまとコロンボに騙されました。この結末はかなり面白いし評価されても良いと思います。インパクトがあって盛り上がるんですよね。私的には、この作品はかなりオススメしたいです、本当に。
posted by まほ at 09:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 第6回 死の方程式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。