2005年09月12日

第3回 ホリスター将軍のコレクション DEAD WEIGHT

005.jpg

刑事コロンボ ファースト・シーズン

ホリスター将軍のコレクション 
DEAD WEIGHT

日本放送 72年9月

脚本・・・ジョン・T・デュガン
監督・・・ジャック・スマイト
ゲスト・・・エディ・アルバート



今回の親戚
☆いっぱしの釣り師のコロンボの兄
☆刑事と再婚して子供が6人いる姪のマリリン

ストーリー
海辺の邸宅に住んでいる退役軍人のホリスター将軍(エディ・アルバート)は今は建設会社を経営して海軍と取引していました。彼は軍の補給係のダットン大佐と組んで架空の経費を計上して密かに軍の金を横領していたのです。ところが、ある日いきなりダットンがホリスター邸を訪れて特別監査が行われることを報告します。不正が発覚するのを恐れたダットンは海外に逃亡しようとしますが、そんな弱腰のダットンに生きていられては危険だと判断したホリスターは、なんと自宅でダットンを射殺。
その一部始終を海上のボートから見ていたヘレンは警察に連絡します。そんないきさつで刑事コロンボが登場。
彼女の通報でコロンボはホリスター邸を訪れますが証拠は何もないのです。ホリスターは目撃者のヘレンをつきとめると、さかんに彼女との接触を試みてデート?を重ねてヘレンを味方にしようとします。その態度に騙された彼女は殺人事件の通報を否定するようになってしまいます。
しかし、やがてダットンの死体が海から上がり、凶器がホリスター将軍の愛用のコルト45だとわかると、コロンボがそこのところをしつこく追求します。ホリスターは「銃はなくした」と言い張りますがプライドが高く自分マニア?の将軍がかつての栄光の象徴であるお気に入りの銃をなくすはずがない・・・。ホリスターの銃、つまり凶器を探し出せば、この事件は解決すると思ったコロンボでしたが。さて、それは、いったいどこにあるのでしょうか?

感想
多くのコロンボ・ファンの間で、ちょっと評価の低いこの作品は確かに地味で物足りない感じがします。女の私としては犯人のホリスター将軍が目撃者のヘレンに近づいて自分の恋人にして事件をうやむやにしようとするところがイヤですね(笑)
第一ホリスターは、それほど女にモテそうな男に見えない。ちょっと不幸体質のヘレン嬢は、優しい言葉にフラッと来たのかしら?それがウソでも嬉しかったのね。
それに重要な凶器の選択では、いくらホリスターの愛用の銃だと言っても45口径では現場に証拠が残ってしまうそうで、そのへんも、ちょっと納得できないですね。でも相変わらずコロンボと犯人の駆け引きは面白いです。今回もとっても偉いホリスター将軍にしつこくつきまとい将軍の船に乗せてもらうシーンがあります。パイロット版(死者の身代金)でセスナに乗せられたコロンボが今度は船に挑戦です。コロンボってコロンブスの子孫!らしいのですが、劣性遺伝した?!コロンボは思い切り船酔いしてしまうのです(笑)またコロンボの大好物のチリを食べさせてくれる「バーニーの店」も再登場するんですが前の店とはまったく違ってて、すごくちっちゃくなってるんです。オヤジさんは同じ役者だったので一安心ですが。で、今回の事件は、このバーニーが見せてくれた戦争の思い出の品が解決のヒントになっているんですよね。さて今回、吹き替え陣は、とっても興味深い人達です。まずホリスター役のエディ・アルバートは久松保夫さん。この方、あの有名な「スター・トレック」のミスター・スポックの声をやっていた方でホント声だけ聞いていると、まるで刑事コロンボにミスター・スポックが出ているみたいです。ヘレンの母親役の声は高橋和枝さんで、サザエさんのカツオ君でお馴染みですよね。ラストでコロンボがヘレン嬢を慰めるシーンがあるんですが、やはり彼は優しいイイ男。間違いない!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。