2006年05月28日

第27回 歌声の消えた海

フォース・シーズン

刑事コロンボ

歌声の消えた海

TROUBLED WATERS


mimichin.jpg
カミサン予想図 by まほ


日本放送 76年1月

脚本・・・ウィリアム・ドリスキル
監督・・・ベン・ギャザラ
ゲスト・・・ロバート・ボーン


今回の親戚

車の修理工場をやっている義理の弟(ジョージか?)


ストーリー

「缶詰買ってメキシコへ行こう」キャンペーンにクジ運のいいコロンボのカミさんが当たり今回、コロンボ夫婦は豪華客船に乗ってアカプルコの旅に出かけます。
その船シーパレス号には中古車ディーラーのダンジガー(ロバート・ボーン)も乗っておりさらにダンジガーの愛人で船旅のショーで歌っている歌手のロザンナも乗っていました。
ロザンナに二人の関係を妻にバラすと脅されていたダンジガーは、この船旅の間にロザンナを殺害しようと計画していました。中古車ディーラーであるダンジガーは仕事で使っている車の合鍵を作るカーチスクリッパーという道具でシーパレス号の全てのドアに合うマスターキーを作っておきました。昼間、ダンジガーはプールサイドで薬を使って軽い心臓発作に似た症状を起こして医務室に運ばれてるようにしておき、その晩は医務室で眠っているように見せかけて看護婦が目を離したすきに医務室を抜け出します。ロザンナの部屋に行ったダンジガーは例のマスターキーを使って彼女の部屋に入り隠し持っていた銃で羽枕ごしにロザンナを殺害します。死体のそばの鏡に「L」の文字書き、拳銃を洗濯室に隠すと急いで医務室に戻ったダンジガー。全て上手くいったかのように思われました。ロザンナの死体が発見されると船長はコロンボに内密の捜査を依頼します。運良くこの船に乗っていた唯一の警察関係者のコロンボ刑事。そんな時、船酔いに悩んでいたコロンボは捜査を中断して医務室に薬をもらいに行きます。
何気なく医務室の床を見たコロンボは羽枕のハネを見つけ、昨夜から医務室にいるダンジガーがあやしいのではないかと思うようになります。凶器の銃はすぐに見つかりますが指紋は見つからず「L」の文字の件で疑われているバンドマンのロイドの指にも硝煙反応が見られません。犯人が手袋をして殺害したとすれば凶器は発見されたのに手袋が見つからないのはおかしいとコロンボはダンジガーに質問します。殺人の翌日、使った手術用の手袋を海に捨ててしまったダンジガーはロイド犯行説を決定的にするために、もう一度手術用の手袋を盗み他人の銃をしっけいして密かに発砲して、すぐ見つかる消化ホースの中に隠しておきました。消防訓練の時に手袋は見つかります。
これで自分の疑いが晴れると思っていたダンジガーでした。しかしコロンボの以外な捜査の結果は?


感想

この、歌声の消えた海はコロンボ・シリーズ初の試みです。舞台がなんと海の上の豪華客船なのです。
めずらしくレジャーを楽しむコロンボさんが突然、殺人事件に巻き込まれてたった一人で捜査をするという、ちょっとワクワクする展開です。でもこれって、アガサ・クリスティーの名探偵ポワロではよくあるシチュエーションですよね?たまたま乗り合わせた探偵(刑事)などが不自由で閉ざされた環境の中で見事に難事件を解決して、めでたし、めでたしで終わるっていうやつです(笑)さて、このエピソードは豪華客船サン・プリンセス号のメキシコへの旅という本当のツアーに同行し実際の船の中で撮影された超リアルな作品です。なんと出てくるお客さんは本物の一般ピープル!監督を始めスタッフ、キャストともに楽しんだ一本になったそうです。コロンボのカミさんも一緒に乗っているという設定も楽しかったです。画面には出てこないんで残念なんですがカミさんに関して色々とおしゃべりするコロンボさんが面白かった!そしてゲストはロバート・ボーンなのも嬉しい!「0011ナポレオン・ソロ」で超有名な彼が犯人役でコロンボと対決するのは見ものですよね〜!いつものように、しつこくつきまとうコロンボを本当にうんざりな顔で見つめるダンジガー役の彼はやっぱりカッコイイのです。吹き替えは西沢利明さん。彼はファースト・シーズンの、二枚のドガの絵ではロス・マーティンの吹き替えをやっていました。悪役がぴったりの声なんですよね、好きです。セカンド・シーズンの、ロンドンの傘にダーク刑事部長役で出ていたバーナード・フォックスが今回は船員のワトキンス役で再登場しています。そしてその上司のギボンズ船長役のパトリック・マクニーの吹き替えは、あの柳生博さんでした。柳生さん上手いです。犯人にされそうなロイド役の彼もセカンドシーズンの、アリバイのダイヤルに出ていたし、なんだかコロンボ組のみんなが一番楽しく仕事してたみたいです。そんな雰囲気がよくわかるシーンがラストのコロンボさんのアロハシャツ姿でしょう。
事件解決という真剣な場面なのに、なぜかアロハシャツを着ているコロンボさん、リラックスしすぎ!でも今回は、はっきり言って大変な捜査でした。鑑識もいないし部下もいない。そんなコロンボさんは昔々の捜査方法で切り抜けます。なかなか出来る男なんですよ、どんな状況であってもコロンボさんは。

169
posted by まほ at 08:46| Comment(10) | 第27回 歌声の消えた海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。