2006年02月27日

第24回 自縛の紐

フォース・シーズン

刑事コロンボ

自縛の紐

AN EXERCISE IN FATALITY


26.jpg


日本放送 75年12月

脚本・・・ピーター・S・フィッシャー
監督・・・バーナード・コワルスキー
ゲスト・ロバート・コンラッド


今回の親戚

祖父は骨董好き


ストーリー

ヘルス・クラブ・チェーンのオーナー、マイロ・ジャナス(ロバート・コンラッド)は私腹を肥やす悪ど
い経営をしていいて、各チェーン店から不当な利益を得ていました。
マイロはチェーンの一つを買ったジーン・スタッフォードに、そのカラクリを見抜かれてスタッフォードから絶対に証拠を見つけて告訴してやる!と宣言されてしまいます。
その晩、マイロはスタッフォードの店に行き、残業しているスタッフォードを殺害します。
そしてスタッフォードにトレーニングウエアを着せて、運動中に死亡したように見せるため重いバーベルを乗せて偽装しておきました。
同じ頃マイロの家ではパーティが開かれており彼の秘書のジェシカが客を接待していました。
スタッフォードを殺してから自宅に戻ったマイロは、パーティに来ている友人たちと会って映画を上映すると言って書斎に入り2回線ある電話を使って書斎から居間にいるジェシカに電話を取らせます。ジェシカが出ると、それはスタッフォードからでした。
あらかじめマイロが電話に細工をしていて、それは録音テープの声だったのです。
ジャニスや友人たちの前で一人芝居をしたマイロ。これでマイロのアリバイは完璧です。
捜査を開始したコロンボはピカピカに磨き上げられたジムの床にコゲ茶の靴クリームの跡を発見。それがスタッフォードのものとわかるとトレーニングウエアに運動靴で発見されたのを疑問に思うようになります。運動する前に中華料理をたらふく食べていた事実も気になります。
さらに、あの重いバーベルをスタッフォード自身が持ち上げたことじたいが不自然に思えます。マイロのオフィスでは、かかってきた電話をすべて録音していたことを知ったコロンボは、即マイロのアリバイ作りのトリックを見破り、スタッフォードの運動靴の紐の結び目に注目してこれは殺人者がはかせたものだ、とマイロに迫ります。スタッフォードの行動を知っている者トレーニングウエアに着替えたことを知っている者が犯人だと言うのです。


感想

フォース・シーズンの第1弾は、自縛の紐。このタイトルはドンピシャです。まさにポイント。しかし、ちょっとだけ言えばそれが「重箱の隅」をつつくような感じがするのは私だけ?
でも、そんなところがコロンボさんらしいと言えばそうなんですが。しつこくて細かいのです。
さて、120分バージョンで作られたこの作品は、とてもオーソドックスでわかりやすいです。
犯人の動機も殺人の方法も凝ったところはありません。そのかわり犯人のマイロとコロンボの「会話を楽しむ」対決が面白いし、また今回は特にスポーツ・オタクのような犯人につきあってランニングをさせられるコロンボさんの体力のなさ!も見所です。ニンジン・ジュースを飲んでサプリメントだけという朝食には本当にビックリで、まさに180度違う生活をしている2人。
そんな超人的なマイロを演じるのはロバート・コンラッド。当時40歳。脚本の設定では53歳だったとか。でもホントの53歳の俳優さんでは無理があったでしょうね。なにしろ泳いでから腕立てして、走って、縄跳びして。吹き替えは日下武史さん。TV版アンタッチャブルで御馴染みエリオット・ネス(ロバート・スタック)の吹き替えが有名ですよね。ちなみに日テレ放送時に石田太郎さんで取り直ししているんですが、その時のマイロ役は堀勝之祐さんでした。
仕事熱心なコロンボさんは、ついにはマイロのジムに通ってスエット姿で運動に汗を流すんですがそれも20分で挫折。コロンボさんのスエット姿は・・・休日のオヤジそのものでした(笑)

166
posted by まほ at 07:48| Comment(2) | 第24回 自縛の紐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。