2008年01月20日

第34回 魔術師の幻想

フィフス・シーズン

刑事コロンボ

魔術師の幻想

NOW YOU SEE HIM


185C.jpg

日本放送 77年12月

脚本・・・マイケル・スローン
監督・・・ハーベイ・ハート
ゲスト・・・ジャック・キャシディ


ストーリー

魔術師サンティーニ(ジャック・キャシディ)の本名はステファン・ミューラーと言って第二次大戦中はナチスの親衛隊に入っていました。戦後しばらくはヨーロッパで身分を隠しイギリス風の名前を名乗って魔術師、主にヘッドアクトと呼ばれる出し物をやって活躍して今はアメリカでジェロームが経営するクラブで「水槽の幻想」という魔術を披露して人気を集めていました。サンティーニはジェロームにナチ親衛隊時代の秘密を知られていたのでした。
その弱みに付け込んでジェロームはサンティーニの収入の50%を自分のものにしていました。ある日、ジェロームのオフィスを訪れたサンティーニは今後は収入の5%しか払いたくないとジェロームに言い渡しますが、そんなことをすればサンティーニがナチ親衛隊員だった事実を移民局に密告してやると言ってタイプで手紙を打ち始めました。その晩、クラブでいつものように「水槽の幻想」が始まるとサンティーニは箱の中に入れられさらに水槽に沈められてしまいます。そして、その水中にいる10分間を利用して殺人を実行することにしました。サンティーニは魔術が始まるとすぐに水槽の下から抜け出して地下室に降りて行き、すばやく変装して2階のジェロームのオフィスの鍵を壊して侵入し彼を殺害。タイプ途中の例に手紙を持ち去りました。舞台では「水槽の幻想」がラストのクライマックスを迎えており、水槽の中から引き上げられた箱の中からはサンティーニの娘デラが現われます。デラの横にはいつの間にか黒子に扮したサンティーニの姿もあり、魔術は大成功で終わります。ブランドフォード(ロバート・ロジア)らの通報でコロンボがクラブに到着すると、そこにはすでにウィルソン刑事が来ていました。殺人現場を見て色々と話し合うコロンボとウィルソン。
コロンボは付け替えたばかりのドアの鍵が簡単に壊されているのが気になって、犯人は手先が器用で、そうとうな腕前の持ち主だと考えるのでした。そうなると怪しいのは魔術師サンティーニ。しかし犯行が行われた時間、彼は魔術の最中で、しかも楽屋にいたという証言もあるのでした。「殺しには絶対に動機がある」と信じているコロンボはウィルソン刑事と一緒にもう一度事件現場ジェロームのオフィスに行きます。するとウィルソン刑事が最新式のタイプライターに気づいてあの夜、彼はタイプを打っているところを襲われたのではないかと思うのでした。そして犯人がタイプされた手紙を持ち去ったのではないか。その手紙こそ唯一の証拠なのだと確信したコロンボ。
そして、タイプライターのテープに手紙の内容が全て残っていたのを発見するのでした。

感想

魔術師の幻想、このエピソードは大好きです。なんといってもゲストがジャック・キャシディさん。
彼はファースト・シーズンの、構想の死角のフランクリン役、サード・シーズンの、第三の終章のグリーンリーフ役と、かつて2回もコロンボ・シリーズの犯人を演じた常連俳優さんです。でも本当に今回の魔術師の役が一番良かったんじゃないでしょうか。華麗で華のあるキャシディさん。舞台の上でも実に見事な手さばき、指さばきを披露してくれます。もちろんスタッフとして本物の魔術師マーク・ウィルソンという方がいたという話を聞きました。それにしても素晴らしいマジック。役になりきってキャシディさんも楽しそうでした。しかし残念なことにキャシディさんは、このあとしばらくしてお家の火事で亡くなってしまいます(事故死という説もあり)まだ49歳という若さ。今でもお元気だったら、きっと新・コロンボにも出演していただろうな(泣)吹き替えは田口計さん。
もう私の中では「ジャック・キャシディ=田口計」になっています。これほどのハマリ役って他にあまりないんじゃないかしら。さて久々にコロンボさんとコンビを組むウィルソン刑事はセカンド・シーズンの、悪の温室で活躍した真面目で熱血、そして最新機器に詳しいインテリ刑事。今回も最新式タイプライターのブラインドタッチで超早業を見せてくれます。彼とコロンボさんは合ってないようでいて実は、なかなか良いコンビなのかもしれません。お互いに得意分野が違って補い合えるから非常に上手くいく取り合わせだと思います。このエピソードに限りコロンボは新しいコートを着ているんですが(カミサンの誕生日プレゼント)それをどこかに置き忘れそうになると必ずウィルソン刑事が声をかけてくれる「コートをお忘れですよ!」って。でもコートが気に入らないコロンボは全然おかまいなしで無くしてもいいや、なんて思ってる(笑)そりゃそうです、このコート、コロンボさんに似合いません。パリッとしていて、いかにも肩が懲りそうなんですよね。敵が魔術師だということでコロンボさんが手品グッズを売っている店に行くシーンや「綱渡り名人」のマイケル・ラリーさんと話をするシーンなど見所も満載。この方、ほとんどのコロンボ作品に出ているそうなんですが、あまり気づく人はいないくらい地味なおじいちゃん。今回はコロンボと会話もあって画面に映っている時間が長いです。クラブの調理場を仕切るブランドフォード役が「白と黒のナイフ」のロバート・ロジアだったり、サンティーニの娘デラがシンシア・サイクスだったりとマニアの方々にも嬉しいキャスティングでした。そして、そしてラストが一番の見ものなのです。あのコロンボさんが魔術師になってしまう!? サンティーニお得意のヘッドアクトをやって見せてくれるのです!
それと、やっぱりウィルソン刑事の活躍が見逃せません。これ以降も、このコンビでやってくれたらかなり面白い「刑事コロンボ」になっていたかも、なんて想像すると楽しいです。
タグ:コロンボ
posted by まほ at 19:11| Comment(16) | 第34回 魔術師の幻想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。もともとコロンボは大好きですが、先日母が全69巻を購入し、実家から送ってくれたなかに、まずは構想の死角が。

そこからすっかりジャックキャシディのファンです。でもそれは田口計さんの吹き替えが大きいかもしれません。

素晴らしいです、だいすきなんです。わたしもジャック=田口計さんです。

今後、第三の終章とともに、魔術師の幻想も実家から届く予定です。もう、本当に楽しみです!ジャックは生きていればもう82歳でしょうか。あと、50年早く産まれたかったなあという気分の私です。(笑)

コロンボ大好きなので、もっともっといろんなこと教えて下さいね。
Posted by riri at 2008年02月08日 22:09
はじめまして。こちらこそ、よろしくお願いします。私も刑事コロンボといえばジャック・キャシディさんが一番好きなんです。田口計さんの吹き替えは本当に最高です。華があってスマートな魔術師はジャックさんにピッタリの役でしたよね。

私の父親もコロンボ好きだったので一緒に見た思い出があります。30年くらい前です(笑)
Posted by まほ at 2008年02月09日 22:21
わたしは、放送されたときまだ産まれていませんでした。しかし今観ても褪せることない独特な世界。あのころのアメリカの映画も好きです。マイナーですが。(笑)

今も私の中にはジャックキャシディがあのころの若い『ケン』で頭に残ってます。(笑)かっこいい〜。

うちの両親もコロンボがだいすきです。わたしは20代でビデオ時代に一時期ハマッてましたが、ロンドンの傘、二つの顔、あたりの後半?を集めてて前半はまったく知らなかったんです。

これから、魔術師の幻想も、第三の終章も観る予定です。
田口計さんの吹き替えはもう、本当に素晴らしい。田口さんも素敵ですよね。あの独特な男性の大人の色気にやられました。(笑)

また遊びに来ますのでよろしくです。
Posted by riri at 2008年02月10日 10:58
こんばんは。確か中学か高校の頃に父親と刑事コロンボを見ていた記憶があります。それがきっかけで私もコロンボさんのファンになりました。

CS放送のスーパードラマTVで今でも放送されている刑事コロンボですが、何回見ても飽きないです。ロンドンの傘は名作ですよね。私も好きです。

田口計さんとジャック・キャシディさんは顔の輪郭が似ているような気がするんですけど、どうでしょう?(笑)
Posted by まほ at 2008年02月10日 21:13
コロンボはもう全部すごいって思います。観たことがない作品も今後送られてくる予定なのでもう楽しみで楽しみでしかたがないです。(笑)

毎晩、コーヒーを飲みながらひとりで観てるときがしあわせ。主婦から解放されるひとときだったり。それからあの日本で言う昭和の感じのアメリカの雰囲気。だいすきなんですよ。

田口計さん、似てます。わたしも思ってました。(笑)田口さんのあの男の色気とでも言えるあの声。あれが、きっとジャックキャシディを高めてます。かなり。先日『コロンボの完全捜査ファイル』を手にしましたが田口さん、今も雰囲気のある素敵な方でした。ごらんになりましたか?
Posted by riri at 2008年02月11日 00:42
こんばんは。うちにある「コロンボの完全捜査ファイル」は2004年発行のものなんです。その改訂版「刑事コロンボ完全捜査記録」が発売されたそうですね。そちらには新しくインタビューなどが追加されているそうですが、ririさんが、ごらんになったのは
そちらのほうでしょうか?私が持っているものには
田口さんのお写真は載っていないので。田口さんは水戸黄門などの時代劇に悪役でご出演されていますよね。

主婦から解放されるひととき、ステキな時間ですよね〜!昭和の感じのアメリカは特に音楽がそうだと思います。今では聴くことのできない雰囲気のあるコロンボのBGMが大好きです。
Posted by まほ at 2008年02月11日 21:21
また来ました。(笑)

そうです、完全捜査記録のほうでした。そっちです。やはりコロンボ好きの実家の母が送って来たんですが、これとても面白いです。

魔術師の幻想、楽しみにしてるんですがなんせ定期購読で送られてくるものだそうで、まだまだ届くのに時間がかかりそうです。

いま月に2回で発売されてるそうですね。まほさんのこの解説がこれまた、とてもためになります。完全記録と共に100倍楽しく観ようという感じです。

構想の死角で満足してるわたしは、魔術師の幻想も楽しみにしてる作品のひとつ。評判いいですよね、この作品。そんなに良かったですか?ドキドキします。

ちなみにドラマの中でコツコツ響く靴の足音。。。。。これも好きですね。(笑)刑事〜って感じで。
Posted by riri at 2008年02月12日 15:01
こんにちは。お母様もコロンボさんがお好きなんですね。親子の会話も弾みそうです。私も父親の海外ドラマ好きから始まって刑事コロンボにたどり着いた気がします。こうゆうのって遺伝かもしれませんね?

ワクワクしながらジャック・キャシディさんが届くのをお待ちください(笑)構想の死角と第三の終章は役柄がちょっと似ているところがあると思うんですが、魔術師の幻想はまるで違っています。イヤラシイお髭もカッコイイですよ!

私のつたない解説を読んでいただいて、ありがとうございます。コロンボさんを知らない方に少しでも関心を持っていただけたら良いな思っていたのですが、ririさんのようなコアなファンの方に来ていただけると嬉しいです!
Posted by まほ at 2008年02月13日 12:33
うれしいことがあったんです〜!!

先月母が実家から送ってくれたコロンボは殺人処方箋から、三巻分の構想の死角まで。

なのに、解説書は死の方程式まで入ってた。(笑)

なんだよ、解説ばっかり読んじゃってDVD入ってないじゃん。
そう思っていたのですが、旦那が出張に出てから大掃除をはじめパソコン下から見覚えのないCDケースが。『ん?』と思って開いたらなんと4巻から8巻の死の方程式まで入っていたんです。

見落としてた。ごめんね、母!という感じで喜んでおります。
もちろんここに、ジャックは入っていませんがそれでもコロンボが堪能出来るってうれしいです。

しかも、旦那は出張中。夜長をコロンボと共に過ごしたいと思います。うーん、こんなときにジャックキャシディの作品があったらなあ。構想の死角ばっかり観てて呆れられるほど。

しかし。。。。。あのやらしい笑顔が魅力的。わたしのコメントやたら長いんで次回はメールさせていただこうかなと勝手に思ってます〜。いやいや、今夜からしばらくは楽しみが増えますなあ。
Posted by riri at 2008年02月13日 12:53
こんにちは。冬の夜長にコロンボ三昧でしょうか?いやぁ、うらやましいです!うちはダンナが自営業のため出張はありません(笑)でも、ダンナもコロンボさんが好きなので観るときはだいたい一緒なんですよね。

いっきに死の方程式まで堪能できるってスゴイですね。その死の方程式、高所恐怖症の私は本当に怖くって最後の犯人を追いつめていく場面ではハラハラ、ドキドキの連続でした(汗)

長いコメント、全然OKですよ〜!大歓迎です!実を言いますと、こんなにコメントをいただいたのは刑事コロちゃんが始まって以来初めてのことなんです。だからとても嬉しいです!

Posted by まほ at 2008年02月14日 11:25
ウィルソン刑事(ボブ・ディッシー)の顔はなんとなく
くりいむしちゅうーの有田に似ている気がするのは
私だけでしょうか?
P・フォーク氏の自伝「Just one more thing」にも
写真が出てくる程の親友なのだそうです。
もっと登場して欲しかったキャラクターですね。
今ではすっかりいいお爺ちゃんになったようです。

http://www.whosdatedwho.com/celebrities/people/dating/bob-dishy.htm

ジャックキャシディーは日本ではCイーストウッド、Jケネディ主演の「アイガーサンクション」位でしか見ることができないのが残念です。 舞台やTVを中心に多数出演されたようです。 
現在息子のデイビット・キャシディーが歌手時々映画俳優として活躍中です。なんとなく面影が似ています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Jack_Cassidy
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Cassidy
Posted by コッペル3号 at 2010年10月01日 16:49
コッペル3号さん、こんばんは。

ウィルソン刑事は有田さんに似てますね〜。
目の感じとか輪郭とか似てますよね〜!
親友だったんですか。どうりで息がピッタリ!

そうそうデイビット・キャシディーさんは
ちょっとお父さんに似ているかも。
異母兄弟の弟のショーン・キャシデーくんは
お母さんのほうに似ているみたいですね。

Posted by まほ at 2010年10月01日 20:28
こんにちは。
先週末にPフォーク自伝「刑事コロンボ」の素顔という本が
東邦出版からでました。
ご病気が公表される2年ほど前に書かれたもので、
大望の日本語版は出版交渉に時間がかかりようやく出版に
こぎつけたようです。
 思い出話を綴った楽しい本です。
もうお読みになりましたか?

↓東邦出版のページです。
http://www.toho-pub.net/product_info.php?products_id=315
Posted by コッペル3号 at 2010年11月24日 14:49
コッペル3号さん、こんばんは。

これは素晴らしい本ですね!
出版されたことを知らなかったんですが
ぜひ読んでみたいです!
お値段が少し高いかなぁ〜(笑)
Posted by まほ at 2010年11月24日 21:12
まほ様

6月23日にピーターフォーク氏は天国に召されました。享年84歳。私の子供の頃のスターたち(70年代)がみんなお年を召して次々と鬼籍に入られます。
それだけ自分も歳を取ったんだなぁとしみじみ思いました。今頃天国で盟友ジョン・カサベテスと再会していることでしょう。
Youtubeには刑事コロンボ以外の出演作品がいくつかアップされています。(違法なのかもしれませんが。)日本未公開の作品も見ることができます。

お悔やみ申し上げます。合掌。
Posted by コッペル3号 at 2011年06月26日 22:41
コッペル3号様、こんばんは。

私も昨日の新聞で知りました。
本当に残念で悲しくて呆然としてしまいました。
刑事コロンボに出演していたゲストスターさんも
次々に亡くなられて寂しい限りです。
そうですね、ジョン・カサベテスさんと再会して
昔話に花が咲いていることでしょう。もしかして
小池さんともお話しているかもしれませんね。

心よりお悔やみ申し上げます。


Posted by まほ at 2011年06月27日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。