2005年09月29日

第8回 黒のエチュード

010.jpg

セカンド・シーズン
刑事コロンボ
黒のエチュード
ETUDE IN BLACK


日本放送 73年9月

脚本・・・スティーブン・ボチコ
監督・・・ニコラス・コラサント
ゲスト・・・ジョン・カサヴェテス



今回の親戚
コロンボの奥さんが犯人のファン!

ストーリー
南カリフォルニア交響楽団の指揮者アレックス・ベネディクト(ジョン・カサヴェテス)は楽団のピアニストのジェニファーと不倫関係にありました。彼女はアレックスに妻のジャニスと離婚するように迫ります。ジャニスの母は楽団の会長をしており、ジェニファーとの不倫がバレてジャニスと離婚することになればアレックスは追放され地位も名誉も失うことになってしまいます。そこでアレックスはジェニファーの殺害を計画。コンサートの当日、楽屋にこもっていると思わせて、こっそり抜け出した彼はジェニファーの家でピアノを弾いていた彼女の後頭部を殴って気絶させ、キッチンのガス栓を開いて自殺に見せかけるように偽装工作します。あらかじめタイプしておいた遺書も残しておきました。
コンサート終えたアレックスはジェニファーの自殺を知らされて彼女の家に行きますが、そこには捜査に来たコロンボ警部の姿が。犯行時にピアノの下に落としたカーネーションを素早く拾ってタキシードの襟につけたアレックスをコロンボは見逃しませんでした。このカーネーションはアレックスがコンサートの時に必ず見につけるものでした。
被害者のジェニファーの自殺に疑問を持ったコロンボは隣の家に住んでいる女の子オードリーの証言から恋愛関係のもつれではないかと確信し、楽団の若いトランペット奏者、そしてアレックスも怪しいのではないかと疑うようになります。ある日、動物病院のTVで事件当日のコンサートが再放送されているのを見たコロンボはアレックスの胸にカーネーションがないことに気づきます。しかし確かに現場で彼はカーネーションをつけていた。そこでコロンボはアレックスと妻ジャニスを呼び出し、カーネーションについて質問しますが、妻の答えは意外なものでした・・・。

感想
刑事コロンボのファースト・シーズンはパイルD−3の壁をもって終了となりました。7つのエピソードが放送され好評だったにもかかわらず、もう刑事コロンボはお終いなんて噂もあったそうです(笑)しかし、そんなことはなく約半年後には目出たくセカンド・シーズンの放送が開始になりました。注目のセカンド・シーズン第1弾が、この黒のエチュードです。この黒のエチュードは90分版と120分版の両方作られた唯一の作品だそうでNHKでは90分版が放送されましたが、後に日テレで放送されたのは120分版のほうでした。吹き替えも違っていて90分版のアレックス役は長谷川哲夫さん。120分版は阪脩さんです。
特に本作品はアレックス役のジョン・カサヴェテスとピーター・フォークが大の親友であることで実現したエピソードとして有名です。ストーリーはシンプルでストレートですが犯人とコロンボの駆け引きや楽しい会話?!のシーンが多くありファンには嬉しい限りです。このジョン・カサヴェテスは本業は監督さんで奥さんはジーナ・ローランズ。グロリアなどの映画で知られています。
そして、この作品でついにコロンボの愛犬が登場します!愛車プジョーと並ぶコロンボの相棒の犬はバセットハウンドで名前は「ドッグ」。池で溺れかけていた所をコロンボが助けたらしいのですが、この犬見るからに運動神経がなさそうです(笑)でも何故かなんとなく可愛いのです(爆)
そうそう、コロンボがピアノを弾くシーンもありますが、それは見てのお楽しみ。でもこの作品の成功はやはりアレックス役のジョン・カサヴェテスにつきるでしょう。タクトを振るシーンはカッコイイし、最後のシーンでは「それでは皆さん、チャオ!」と言って去って行くのですから。ヨン様に負けないくらいオバサマたちを虜にしそうです。
まずは好調にスタートしたセカンド・シーズン。葉巻、車、犬とコロンボのスタイルも確立されて、ますます面白くなってきました。
posted by まほ at 08:51| Comment(10) | 第8回 黒のエチュード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
●ご無沙汰していました。

●カサヴェテスかっこいいですね。男から見てもカッコいいと思います。いや、変な意味じゃなくて。

●これも直接の証拠に乏しくミステリーとしては弱いのでしょうが、ジワジワと犯人を追い込んでいっているのは画面から良く伝わりますね。二人の心理戦が面白いです。

●犬の名前を一生懸命決めようとしているのが笑えます。確かに名づけは難しい。
Posted by コロンビー at 2005年12月27日 20:17
コロンビーさん、こんにちは。
P・フォークさんとJ・カサヴェテスさんの仲良しぶりが、見ているこちらにも伝わってくるエピソードでしたよね。ストーリーのほうは、ちょっと火サスっぽい感じでしたが(笑)
オードリーという女の子と犬の名前を考えるシーンは面白かったですよね。それと、やはりコロンボさんのピアノが聞けるのが嬉しかったです。
Posted by まほ at 2005年12月28日 12:22
こんにちわ。本日帰りました。いまぐったりの体に鞭を打ってシャワーをあびるところです。そのまえに、まほさんにもごあいさつを〜と思ったのです。

実はこの作品はビデオでも持っています。でもたしか10年前に買いました。(笑)記憶はとぎれとぎれ。そろそろ母がDVD で送ってくる頃です。

ちょっと以外だったのはアメリカ人にコロンボの話をふると以外にあっさりした反応であることです。もっと「え?コロンボ?おれも好きだったよー。」っていうのを期待してしまいませんか?

旅行中に暇な時間を見つけては見ようと持って行ったのですが、40代の友人達には「ああ。70年代に観たよ。」という答えでした。母国の方が爆発的に人気ありそうなのに。相手がたまたまそうだったのかな。

ちなみにうちの旦那さんもいまいち〜な反応です。せっかくだからコロンボが好きな人たちにこれからたくさん出会いたいですね。
そうそう、この作品。コロンボさんのピアノを聞くのも楽しみにしてます。
Posted by riri at 2008年03月10日 22:24
こんにちは。お疲れ様でした。良いご旅行でしたか。私は土日は競馬を楽しんでいました。ただ今ダンナともども競馬にハマっています。少額で楽しめるレジャーですが負けると、かなり悔しい。

刑事コロンボは日本のほうがファンが多いのかもしれませんね。ドラマ「古畑任三郎」で有名な脚本家の三谷幸喜さんもコロンボが大好きだそうですから。もしかしたら小池さんの吹き替えが良かったから日本で受けたのかしら?

母国では70年代の数あるドラマの一つといった感じで、ちょっと忘れられているとしたら残念ですよね。う〜む、アメリカの方はカッコよくて強い、いわゆるヒーロータイプの主人公が好きなのかもしれませんね。
Posted by まほ at 2008年03月11日 12:47
見終わりました。

生意気娘のオードリーはよく覚えていましたよ。声はドガの絵、のときの美術学生さんと同じとか?

かっこいい指揮者でしたね〜。コロンボさん、も相変わらずで。(笑)『ドッグ』も登場でますます楽しくなってきましたね。

我が家は明日、チリコンカンを作って食べる予定です♪
かなり、楽しみです。コロンボ気分〜。
Posted by riri at 2008年03月18日 22:56
こんばんは。オードリーの吹き替えは富永みーなさん、ドガの絵の画学生トレーシーは杉山佳寿子さんですね。

うちもチリコンカン大好きで時々作っています。コロンボみたいにクラッカーをくだいて入れると美味しいですよね。
Posted by まほ at 2008年03月19日 20:58
あ、吹き替えはやはり違いましたね。上記のように聞いてたので「うーん、俳優さんはここまで声色変わるのか。さすが。」と思ってたのですが。(笑)勘違いでした。

富永みーなさんはたしか現在のカツオくんをされてた記憶が。杉山さんはハイジかな?俳優さんの吹き替えは本当にすばらしい世界ですね。

チリコンカン、上手にできました。じつは初めて作ったんです。
でもクラッカーはしませんでしたあ。。。。。

やっぱりコロンボならクラッカーですよね。今度はぜったいのっけます♪
Posted by riri at 2008年03月20日 10:20
こんばんは。富永さんはカツオくんですね。杉山さんはハイジの声でおなじみですよね。

クラッカーを手でグシャグシャっとね(笑)
Posted by まほ at 2008年03月20日 20:29
生意気娘オードリーの「うわぁダサイ名前!」と言うセリフが長い間気になっていました。
1973年当時「ダサイ」って言葉あったっけ?

実は日テレに放映権が移ったときに「殺人処方箋」と共に吹替直しをした小池朝雄氏の最後のコロンボ吹替版だったのですね。

ベネディクト家の使用人役のパットモリタさん(ベストキットのミヤギさん)がいい味だしていましたね。
Posted by コッペル3号 at 2010年09月24日 16:39
コッペル3号さん、こんばんは。

日テレで吹き替えをやり直したんですよね。
犯人役のカサヴェテスさんの声が違うのには
ちょっとビックリです。

パットモリタさんが何気なく出てくるシーンは
ホントいい味だしてましたよね。
Posted by まほ at 2010年09月26日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。