2007年12月11日

第41回 秒読みの殺人

セブンス・シーズン

刑事コロンボ

秒読みの殺人

MAKE ME A PERFECT MURDER


182C.jpg

日本放送 79年1月

脚本・・・ロバート・ブリーズ
監督・・・ジェイムズ・フローリー
ゲスト・・・トリッシュ・バン・デバー



今回の親戚

8ミリ映画作るって騒いでいるコッポラ好きの15歳の甥



ストーリー

CNCテレビ西部支局長マークのチーフ・アシスタント、ケイ(トリッシュ・バン・デバー)はプライベートではマークと同棲しており公私ともに良いパートナー関係であると思っていました。彼女には才能があり野心家でマークとの同棲生活も彼の地位を利用しているところがあったのは事実でした。ある日マークにニューヨーク本社への栄転が決まりました。ケイも一緒に行けると思っていたところ、意外にもマークは別れ話を持ち出します。さらに次期支局長の件についてもケイを推薦しないと言い放ち「君にはまとめる能力はあるが決断が出来ない」と言うのでした。
プライドを傷つけられたケイはマークの殺害を計画します。
ケイが高額をつぎこんで制作したTVムービー「ザ・プロフェッショナル」を本社の重役フラナガンらに見せることになった晩、試写室で上映が始まるとケイは映写技師のウォルターに別のフィルムを倉庫まで取りに行かせ次のフィルム・チェンジは自分がやるからと言います。フィルム・チェンジまでの4分間、あらかじめテープに録音しておいた4分間のカウントダウンをイヤホーンで聞きながら残業しているマークの部屋へ早足で向かい、ドアを開けて中へ入るとマークを銃で殺害します。
急いで試写室に戻らなければならないケイは凶器の銃をエレベーターの天井に隠し、ウォルターが戻るギリギリで間一髪フィルム・チェンジに間に合いました。コロンボがマーク殺しの捜査を始めますがマークは椅子に腰掛け、逃げようともせず、しかもメガネははずしたままでした。外部から侵入した殺人犯ならばマークは顔を見ようとメガネをかけただろうし、慌てて逃げようともしたでしょう。
しかしそんな様子は皆無で、これは顔見知りの犯行に違いないとコロンボはマークと親しくしていた人物を洗い出そうとします。マークに豪邸を訪れたコロンボはそこで女性用にシャケットを発見してそれがケイのものであることを突き止めます。2人の関係がわかり動機もわかったコロンボは凶器の銃をエレベーターで見つけると、それとよく似た銃を再びエレベーターの天井に隠して様子を見ます。
コロンボの罠とも知らずエレベーターの天井に銃を見つけたケイは何とか取り戻すことに成功して撮影現場に向かう途中で捨ててしまいます。深夜、回転木馬のシーンを取るために現場を訪れたケイ。「ザ・プロフェッショナル」を局に無断で放送したことがフラナガンの怒りをかってクビを宣告され落ち込んでいました。そこへコロンボがやって来ます。すでに回収していた凶器の銃をケイに見せるとケイは殺害を認めました。「でも、私は負けない。戦って勝つわ」という言葉を残して連行されるケイ。
彼女のやったことは悪いことでしたが、彼女の生き方には関心するコロンボでした。


感想

めずらしいことに、この秒読みの殺人ではコロンボさんが初めから出てきます。といっても交通事故にあってムチ打ち症になってしまいます。年代物の愛車プジョーは頭もお尻もボコボコ状態になっちゃう。しかも犯人!は警察のパトカーなんだから。コロンボさんはツイていません(笑)
さて、今回はまたまた女性の犯人との対決です。舞台は多忙極まれるCNCテレビ局です。やり手の支局長マークと男女の関係を持ち、仕事でもサブをつとめる女性ケイは野心の塊です。貧しい家庭に生まれたことが彼女の上昇志向に火をつけています。マークを上手く利用したつもりが裏切られたので私の今までの人生はいったい何だったの?と逆ギレしたと思えなくもない。マークのほうにも愛情があったとは言えないんですよね。
別れ際に高級車をバーンとケイにブレゼントするのを見たりすると後ろめたさはあったんでしょう。マークさん自分が栄転するんならケイを後釜にするくらいの気遣いがあっても良かったのでは?自分でに勝手に後始末をつけて「じゃ、さよなら」なんて虫が良すぎます。
う〜ん、どう考えても後味が悪いことだけは確かです。そんなわけで今回は女の復讐劇になってます。「ザ・プロフェッショナル」というケイさんが心血をそそいた作品が出てくるのですが、このドラマがポイントになっています。お偉いさん方の評判が今ひとつだったためにケイさんはミュージカル番組の差し替えに放送してしまいます。ミュージカルに主演するはずだった女性はケイさんの親友であてにならないぐだぐだな女優で、本番をすっぽかすという緊急事態を招き、仕方なしにケイさんのドラマ「ザ・プロフェッショナル」を放送することになりました。しか〜し考えてみると、こうゆう女優を選んだ時点でこうなるのは目に見えていたと思います。全てを見越していたケイさんの策略かも?なんて勘ぐりたくもなるんですよね。重役のフラナガン氏の激怒もわかる。フラナガン役はお馴染みパトリック・オニールさんでファースト・シーズンの、パイルD−3の壁のマーカム役でした。
今回の吹き替えは黒沢良さん。実にステキな声です。ピッタリでした(前回は川辺久造さんでした)さて、この作品はコロンボ史上初の「男女関係のもつれによる殺人」でして、ちょっと火曜サスペンスみたいな感じがあります。ケイがイヤホーンでカウントダウンを聞きながら殺人を犯すシーンは見所でハラハラ・ドキドキ。エレベーターの天井の透明な板を持ち上げて銃を取り戻すシーンも良かったです。試写室にいる映写技師ウォルター曰く映画には全て「パンチ」が入っているという事実を聞いて驚くコロンボさんも愉快です。愉快といえばテレビが大好きなコロンボの愛犬ドッグの話。コロンボの家で一番テレビを見ているのはドッグだそうで、スパイ物なんかが大好きだとか。そんな可愛いドッグのために壊れたテレビを修理に出すコロンボさんが、そこで出会ったのは修理屋さんに転職したかつての同僚クレイマー刑事(ブルース・カービイ)でした!なんでこうなるの?本当にこのシーンは爆笑です。
この、秒読みの殺人は製作者リチャード・アラン・シモンズのお気に入りだそうで、新・刑事コロンボシリーズにつながる脚本構成だったそうです。まぁ、コロンボ・ファンとしましては「ムチ打ち症」のコルセットを首にまいた姿が見れるのが楽しいです。犯人のケイが育った貧しい家のテーブルで2人自分自身の話しをするコロンボさん。兄弟が5人妹が1人いると告白し自分も貧しかったと言うのです。
そんなコロンボさんは、やはりちょっと年取った感じで何だか寂しい気持ちになるのでした。


182

ラベル:刑事 コロンボ
posted by まほ at 17:39| Comment(2) | 第41回 秒読みの殺人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:00
彼女の生き方には関心するコロンボでした。
「感心」ですね。
Posted by まる at 2013年09月07日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。