2005年09月06日

殺人処方箋

001.jpg

もしかして世界で一番有名かもしれない刑事、コロンボさんが初めてお目見えしたのは単発TVムービーが放送された72年のこと(アメリカでは68年)脚本リチャード・レビンソン&ウイリアム・リンク。監督リチャード・アービング。主演ピーター・フォーク。
題名は「殺人処方箋」でした。
これ以後の定番となる豪華ゲストスターはドラマ「バークにまかせろ」で人気があったジーン・バリー。吹き替えは若山玄蔵さん。素晴らしいお声です。
精神科医のフレミング(ジーン・バリー)は金目当てに結婚した妻がいましたが、愛人のジョーンという女優とも付き合っていました。それを妻に知られて離婚をせまられてしまいます。考えたあげく愛人のジョーンを共犯に引き込んで妻を殺すことを計画。それは見事に成功しフレミングは安堵していましたが、そこにご存知刑事コロンボが現れます。このドラマの画期的な所は最初に殺人が行われるのを視聴者に見せてしまうこと!主役のコロンボがはじめの30分は出てこないこと!
そして社会的地位も名誉もある裕福な人々の知的な完全犯罪を、うだつの上がらないオジサン刑事が解決するという、まさに胸がスカッとする結末なことです。
そうそう、一言付け加えますと、この時点でコロンボのトレードマークのレインコートもスーツも、まだシャキッとしています(衣装はピーター・フォークの自前!)ヘアースタイルも分け目クッキリで決してボサボサ頭じゃありません。ちなみにお馴染みの「うちのカミさんが・・・」とは言わず「うちの女房が・・・」と言っています。
さて、この事件コロンボはフレミングを疑っていますが、敵は精神科医。なかなか落とすのが難しい。しつこくつきまとい、フレミングにコロンボが精神分析を受けたりするシーンも出てきます。仕方なく共犯の女優ジョーンを追い詰めるという少し汚い手段に出てしまいます。彼女はフレミングの患者で精神的にモロいところがあり
ました。それにしても、です。この女優に対して、しつこく追求するコロンボさんは鬼のようです。かなりやり手の刑事の臭いがプンプンです。まぁ、お試し期間でもあったわけでコロンボ像を決めるために、あれこれと試行錯誤をしていたのかも知れませんが。そんな強行手段が功をそうして彼女の協力を得てフレミングをハメるのですが・・・。かなり凝った作りの本格的刑事ドラマでヒッチコック映画みたいなシーンもちらほら。ただそんな中でコロンボのピーター・フォークは普通じゃない刑事を演じています。吹き替えはもちろん小池朝雄さん。この声だけは他の誰かがやることは認めたくないほど私は大好きです。まだ初々しくて、こぎれいないでたちの刑事コロンボ。ウイリアム・リンク氏によれば「コロンボはピーター・フォーク自身」だそうで、それがきっと世界中の人々に愛されたコロンボの秘密のような気がします。
posted by まほ at 08:41| Comment(11) | TrackBack(0) | 殺人処方箋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/opehome/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/opehome/?mode=edit&title=%28%3F%3F%29%3FY%3F%3F%3FR%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fmahocolumbo%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/opehome/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2005年09月06日 12:11
●驚くのは1発目からコロンボのコンセプトがかなりきっちり出来ていることですね。基本的なことは45作目まであまり変わっていません。

●この最後はかなりきわどい嵌め方で、コロンボといえばトリックで犯人を落とすイメージが強いです。実際は意外とそうでもないんだけど。

●犯人その人に犯人像の分析をさせるあのシーンは秀逸だと思います。コロンボシリーズのなかでも屈指の名場面ではないでしょうか。少し暗めの画面もあって静かな対決ムードがプンプン。
Posted by コロンビー at 2005年10月17日 09:59
コロンビーさん、こんにちは。
殺人処方箋、コロンボさんのスタイルは出来上がっていた感じですよね。服装がヨレヨレじゃなくて普通なトコロが、かえって変に見えたりして。きっちりしたヘアスタイルにも笑ってしまいます。
ラストで共犯の女優にせまるシーンは、女性としては、ちょっとイヤかも。後に女性の犯人と対決した時は優しいコロンボさんになっていましたよね。
犯人のテリトリーに踏み込んで犯人を安心させるというか、持ち上げるというか、コロンボさんはそうゆうやり方が得意ですよね。
Posted by まほ at 2005年10月17日 12:44
あらためて白ワイン片手に観覧。(笑)

憎々しい、犯人でしたあ。でもそれよりも女優のあの、女性共犯者にありがちな『足手まとい』さにイライラ〜。

たしかに追いつめ方が初期は本気で『デカ』って感じで怖かったですよね。いまでこそ、優しいコロンボ警部。

きっちりのヘアースタイルがまた、なんとも。
やっぱりボサボサでスキがたっくさんと思わせてくれるような髪型の方がわたしは好きです。

なんであれ、わたし、コロンボさんのお話で一晩中飲みながら語れちゃう気がします。
Posted by riri at 2008年02月25日 21:55
あらためて白ワイン片手に観覧。(笑)

憎々しい、犯人でしたあ。でもそれよりも女優のあの、女性共犯者にありがちな『足手まとい』さにイライラ〜。

たしかに追いつめ方が初期は本気で『デカ』って感じで怖かったですよね。いまでこそ、優しいコロンボ警部。

きっちりのヘアースタイルがまた、なんとも。
やっぱりボサボサでスキがたっくさんと思わせてくれるような髪型の方がわたしは好きです。

なんであれ、わたし、コロンボさんのお話で一晩中飲みながら語れちゃう気がします。

Posted by riri at 2008年02月25日 21:57
まちがって同じの投稿しちゃってます。すみません。
Posted by riri at 2008年02月25日 21:58
こんばんは。あの共犯の女性は女優なんだから、もっと演技すればよかったのにと思いますよね。フレミング先生、もう少し悪女を選ぶべきでしたよね。でも、ラストはあっと驚く展開でした。

服装もヘアスタイルもキッチリなコロンボさんは、やっぱり少し違和感があります。仕事するうちに、だんだんヨレヨレになっていくのは自然なことだから、そう思えば納得できるかな(笑)
Posted by まほ at 2008年02月26日 20:38
しかし、フレミング先生の吹き替えの若山氏、声がまた素敵ですね。テノールっていうのか、いや、もっともっと深みのある声ですよね。

あの女優さんはちょっと本当にメンタル入ってるので途中でオタオタしだすことを、フレミング先生はドクターとしてそこまで先を見通せなかったのかな?って感じです。(笑)

声優さんってアニメの堀江美都子さん、松島みのりさん←どちらも大好きです。くらいしか顔と一致しなかったのですが、コロンボさんの吹き替えにもうすっかりハマってしまって、毎日たいへんです。

刑事コロンボが改めて好きで好きでどーしよーもないです。
Posted by riri at 2008年02月26日 23:10
こんばんは。若山玄蔵さんは声優さんの大ベテランの方ですよね。知的で渋くて暖かい感じもあって本当にステキです。私は大好きです。

刑事コロンボの吹き替えは、いわゆる声優さんじゃない方も多いですよね。パトリック・マクグーハンの佐野浅夫さんは、とてもめずらしいですよね。佐野さんは水戸黄門様ですよね(笑)
Posted by まほ at 2008年02月27日 20:48
お久しぶりです。パトリックマクグーハンさんは観たことがないのです〜。あれと、これと、って単発で観て来たので観てないものも結構あるんですよ。それだけに、これからが楽しみ♪

若山さんの声にはやられましたあ。(笑)クラクラしちゃいますねえ。でも、やっぱり田口計さんが私はだいすきです。これは雑誌に書かれていたのですが、旅行等の番組にも出演されていたとか、いないとか?

わたしは海外に住んでいるのでそのへんの状況がわかりません。もし、出演されてるならいつか観てみたいですね。(笑)
明日から夫婦水入らず?の旅行ですのでまた帰って来たら遊びに来ますよ〜!
Posted by riri at 2008年03月01日 20:08
こんにちは。田口計さんは2〜3年前にお昼のドラマに主演されていました。旅番組のリポーターのお仕事もあったかもしれませんね。

今の日本は非常に住みにくいですから、私も海外で生活したいですね。

Posted by まほ at 2008年03月02日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。