2007年10月24日

第39回 死者のメッセージ

セブンス・シーズン

刑事コロンボ

死者のメッセージ

TRY AND CATCH ME


180c.jpg


日本放送 78年4月

脚本・・・ジーン・トンプソン&ポール・タッカホー
監督・・・ジェイムズ・フローリー
ゲスト・・・ルース・ゴードン


今回の親戚

会計士志願の甥


今回のカミサン

犯人(アビゲイル・ミッチェル)の大ファンで新作が出ると
その日に図書館から借りている。


ストーリー

多くのミステリーを執筆し、70歳を越えた今も現役で創作活動を続けるミステリー界の女王アビゲイル・ミッチェル(ルース・ゴードン)は、たった一人の身内であった姪のフィリスをヨットの事故で失っていましたが、フィリスの夫エドモンドは無事だったことを不思議に思いエドモンドが最愛の姪フィリスを殺したと確信していました。アビゲイルは復讐を計画します。
数ヶ月後アビゲイルがニューヨークにたつ晩、彼女はエドモンドを自宅に呼び出しました。
自分の相続人に彼を指定し弁護士立会いのもとで遺言状にサインさせます。喜ぶエドモンドに彼女は書斎の金庫室の番号も教えておきたいと言い、反対している弁護士には知られないようエドモンドが一旦車で帰ったように思わせて、また戻ってきて裏口から入るように指示します。こっそり戻ってきたエドモンドに金庫室の番号を教えたアビゲイルは、彼が金庫室に入った時突然、その重い扉をしめてエドモンドを中に閉じ込めてしまいました。そして彼女は空港へと出発します。秘書のベロニカがエドモンドの死体を発見し、アビゲイルが灰皿に隠しておいたエドモンドの車の鍵も見つけてしまいます。警察が捜査を始め一応、コロンボも参加しますがミステリー作家のアビゲイル邸での事件とあって驚きを隠せません。エドモンドはどうやって閉じ込められたのか、金庫室の警報装置の件や、エドモンドの車の鍵が見つからないことから殺人事件の可能性があると思ったコロンボは、金庫室の中をくまなく調べることにしました。もしエドモンドが殺されたのなら何か一つくらいは「メッセージ」を残しているのではないかそうこうしているうちに鉄で出来た黒いケースが4つ重ねてあるのを見つけたコロンボ。よく見るとあちこちに「ひっかき傷」があり調べてみるとエドモンドがベルトの金具でつけたものでした。4つのケースを並べ替えてみると、その傷が天井に向かう矢印に見えてきました。
天井にある電球のソケットをはずしたコロンボ。そこには「死者のメッセージ」がありました。


感想

刑事コロンボ、セブンス・シーズンは短かったシックス・シーズンのあと心機一転して始まり製作者がエバレット・チェンバースからリチャード・アラン・シモンズに代わっています。
彼はシックス・シーズンの最後のエピソードである、殺しの序曲を担当していました。新たなコンセプトに挑戦したいという意気込みがあったようです。ちょっと年取ったコロンボさんが事件を解決するにあたって今までとは違う雰囲気を出そうとしていたそうです。それは犯人やコロンボさんの「個人的な発言や過去」などにスポットを当てることだったようで、今まではコロンボさんはカミサンの話しはしていたけれど自分については、それほど語ってこなかった。
それが、殺しの序曲では「自分のスタンスやポリシー」を淡々と話すシーンがありましたから。
さて、今回のゲストスターは半端じゃない女優さんです。撮影当時79歳のおばあちゃんです。
アビゲイル役のルース・ゴードンは舞台で活躍し、映画「ローズマリーの赤ちゃん」にも出演したベテランの大女優さん!小柄な身体でも実にパワーが感じられて、時にオチャメで可愛い。ミステリー作家には見えないかも知れませんが、彼女とコロンボさんの対決は見ものでした。吹き替えは南美江さん。お顔は思いだせなくても声を聞けば「あっ〜!」と思う人はいるかも。さすが大金持ちだけに、すごい車やブランド物のオンパレード。精力的に講演会などもこなして2年先の作品も出来ているというスーパーウーマンです。ある日のレディス・クラブの講演会になぜかコロンボさんが飛び入りするハプニングがあるんですが、もちろんお客は女性ばかりです。それもみんな帽子をかぶってるという集まりで、そうゆう規則でもあるんでしょうか?(笑)
そんなご夫人方に向かって「私はこの仕事が好きです。人間が好きです。犯人の人柄が好きになり尊敬できるところもあるんです。どんな人間にだって1つは良いところがあるんですよね」などと語ってみせるんです。そうそう今までのエピソードには犯人との心の交流があったものも多いです。今回はコロンボさんのしつこさが和らぎ、お決まりのセリフ「あ、あと一つだけ!」というのをコロンボさん以外の人に言わせたりしています。殺人の動機も老人の姪かわいさのためのという何とも共感できるものでした。エドモンドの車の鍵を見つけてアビゲイルをゆする秘書ベロニカはサード・シーズンの、第三の終章にも出ていたマリエット・ハートレー。アビゲイル・ミッチェルが可愛く見える分ベロニカがイヤな女に見えてしまったりして。この人若いんだか年なんだかわからない不思議な女優さんです。それとアビゲイルさん家の灰皿が砂っていうのも、すごくめずらしいです。
掃除がたいへんそうなんですが、何か隠すにはちょうどイイかも知れませんね(笑)


180
posted by まほ at 17:37| Comment(3) | 第39回 死者のメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、初めまして。

私もコロンボシリーズが大好きで、たまりません
吹き替え版での、あの癒される声ww
しかし、声とは裏腹に狙った獲物は逃さない、鋭い勘と行動力。

でも、ファンの方は少ないんですよね・・・こんな面白いのに。

すいません。もう一つだけ・・・
コロンボはコーヒーはブラックなのに
この回では(いつもながら)ずうずうしく紅茶に角砂糖を3つ入れているのは驚きでした・・・やはり、コロンボは甘党か!?
Posted by kid. at 2007年10月24日 20:06
超遅レスになってしまって、本当にごめんなさい。私もコロンボさんが大好きです。吹き替え版は最高に面白いですよね。犯人の声を演じるのが声優さんじゃないところも面白いです。
普段はコーヒー党のコロンボさんですから紅茶を飲むのはめずらしいですよね。
Posted by まほ at 2007年12月11日 20:20
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。