2007年04月15日

第33回 闘牛士の栄光

フィフス・シーズン

刑事コロンボ

闘牛士の栄光

A MATTER OF HONOR



175.jpg


日本放送 77年10月

脚本・・・ブラッド・ラドニッツ
監督・・・テッド・ポスト
ゲスト・・・リカルド・モンタルバン


今回の親戚

結婚11年目のイトコ(そうゆう記念日がカミサンは大好き)



ストーリー

メキシコの国民的英雄である闘牛士のルイス・モントーヤ(リカルド・モンタルバン)はケガで引退した今でもなお皆のヒーローでした。広い邸宅と牧場を持って優雅に暮らす彼はかつての栄光と名誉を楽しみながら生きているのでした。
ある日若い牧童のクーロがモントーヤの牧場で暴れ牛に立ち向かいケガをする事件がありました。その時クーロを助けるために闘牛場に入ったのはクーロの父親エクトールとモントーヤでした。翌日エクトールは突然荷造りを始め牧場を出て行くとモントーヤに告げます。エクトールは長年モントーヤの相棒をつとめ牧場で働いてきた男でした。しかしモントーヤはクーロにケガをさせた暴れ牛マリネロを自分が殺して始末をつけると言い出し、それが息子のためになるとエクトールを説得。2人で闘牛場に向かいました。するとモントーヤは何を思ったのかエクトールの足に麻酔銃を撃ち、ふらふらになったところで暴れ牛マリネロを闘牛場に放したのでした。エクトールの死を見届けたモントーヤは車でアメリカの講演に出かけてしまい、エクトールが死んだのは誰もいない牧場で息子の仇討ちをしようとしてマリネロに殺されたものとメキシコ警察では思っていました。
ちょうどその頃カミサンが当てた「缶詰買ってメキシコへ行こう」ツアーでメコシコを訪れていたコロンボ夫婦。一人、自分の車で観光していたコロンボは運悪く追突事故を起こして車を持って行かれ困っていました。そこへ現地の警察官サンチェスが現われます。彼はコロンボが解決した例の事件「豪華客船殺人事件(歌声の消えた海)」のことを知っていてぜひ話を聞きたいと引きとめます。
車の件も速やかに解決するからと約束したサンチェスは事件現場のモントーヤの牧場にコロンボを連れていきます。現場を見たコロンボには次々と疑問がわいてきます。まず暴れ牛のマリネロは8000ドルもする高価な牛で、モントーヤに忠実なエクトールが黙って殺そうとしたというのはどう考えても理解できません。エクトールが荷物をまとめて出て行こうとしたのも不自然です。
及び腰の現地警察は国民的アイドルのモントーヤの捜査をいやがり、しぶしぶコロンボが助っ人に加わります。サンチェス警部に頼み込んでエクトールの死体を解剖させて足に注射針のあとも発見。
犯人はモントーヤに間違いないが、動機がわかりません。そこでコロンボは退院したばかりのクーロに話を聞いてみると少しですが動機のようなものがわかりかけてきました。コロンボはクーロに協力を頼み一芝居うつことにします。コロンボとサンチェスがモントーヤ邸を訪ねるとクーロがマリネロと勝負するために闘牛場に入っており大騒ぎになります。モントーヤが駆けつけるとクーロは打ち合わせどうりにマリネロを放したあと逃げてしまい、闘牛場の中にはモントーヤとマリネロだけになります。
しかしマリネロと向き合ったモントーヤは恐怖のあまり足がすくんで動けなくなってしまうのです。
クーロがケガをした日、助けたのは父親のエクトールでモントーヤは今日と同じ状態だったのです。かつての英雄のみじめな姿を見られたモントーヤ。殺人の動機はこれだったのです。全てを見ていたコロンボは何も告げずに去っていくモントーヤの姿をただ見つめるだけでした。



感想

フィフス・シーズンのおなじみ「コロンボ史上初」企画。今回は異国編です。舞台はメキシコです。フォース・シーズンで放送された、歌声の消えた海の続編とも思えるこのエピソードは独特の雰囲気で楽しませてくれます。なぜかメキシコで愛車プジョーに乗っているコロンボさん。あの時の豪華船はフェリーだったんでしょうか?それはともかく楽しそうに走っていると追突事故を起こしてしまって車はどこかに持って行かれてしまいます。冗談じゃないカミサンがホテルで待ってるんだよと言っても聞いてもらえない。コロンボが豪華客船の歌い手殺人事件を解決した話を聞きたがるサンチェス警部とコンビを組んで現地の事件の捜査をするはめになるのです。このサンチェス警部がイイ味出してます!コロンボに色々アドバイスされたことをやろうとするんですが、もしドジをふんだりしたら自分の首が飛んでしまうと心配しつつ出来ることは誠実に実行して、部外者であるコロンボが片付けてくれたら助かるなぁ、とホントは思っていたりして(笑)なにしろサンチェス警部には美人の奥さんと子供が2人いるから家族を養うのは大変ですよね。でも一緒に働くうちにだんだん友情も芽生えてくるんですよ。お互いを尊敬しあうようになってイイ感じになるんです。このサンチェス警部はコロンボシリーズのキャラクターの中でも最も愛すべき人の一人だと思います。吹き替えは新克利さん。ピッタリの名演!さて、今回のゲスト、モントーヤ役のリカルド・モンタルバン氏は「スター・トレック、カーンの逆襲」などで有名な方。私が一番印象に残っているのは「新・猿の惑星」でサーカス団をやっていた親切なアルマンド役です。みなしごになったシーザー(猿)を助けてくれるんですよね。このモントーヤ役はまさにリカルド・モンタルバンのための役だったそうです。メキシコ生まれで、メキシコ訛りの英語を話すのが重要だったそうです。背筋がいつもピンとのびて年を取っても颯爽としている姿はまさに故国の英雄。日本人にはよくわからないメキシコの闘牛なので、その闘牛士がどんなことを考えているのかは見当もつきませんがラストのコロンボとモントーヤが無言で別れて行くシーンは胸に迫るものがあって刑事と犯人という、まったく逆の立場の人間どうしの心の中に通じ合う何かがあった気がします。吹き替えは庄司永建という方で、ベテランの俳優さんです。西部警察の二宮係長役や時代劇でご活躍。モントーヤの牧場で「人間にも牛にも知られた男」気のいいミゲル役の吹き替えはあのバカボンのパパ雨森雅司さん。彼の声を聞くだけでなごんじゃうんですよね。結局カミサンはメキシコに来ているにもかかわらず仕事の虫のコロンボさんと楽しく過ごすこともできずにイトコの結婚記念日があるからって先にバスで帰っちゃう!仲良いのか悪いのか不思議な夫婦です。コロンボさんとカミサンは・・・。


175
posted by まほ at 21:33| Comment(0) | 第33回 闘牛士の栄光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。