2005年12月30日

第18回 野望の果て

サード・シーズン
刑事コロンボ

野望の果て

CANDIDATE FOR CRIME


20.jpg


日本放送 74年8月

脚本・・・アービング・パールバーグ&アルビン・R・フリードマン  ローランド・ギビー&ディーン・ハーグローブ
監督・・・ボリス・セイガル
ゲスト・・・ジャッキー・クーパー



今回の親戚
まだ子供の頃の半ズボンをはいている38歳の弟(?)


ストーリー

上院議員候補ネルソン・ヘイワード(ジャッキー・クーパー)は「組織犯罪撲滅」などを公約に選挙戦を戦っていました。ヘイワードの選挙参謀のストーンの筋書きで、犯罪組織にヘイワードが脅迫されているという噂を流してヘイワード陣営は世間の注目を集めていました。
選挙の投票日が近づくと警察はヘイワードに24時間の警備をつけることを決めて、なんとコロンボもその中にいました。そんな時、ヘイワードは夫人の秘書のリンダという女性との不倫関係をストーンに知られてしまい彼女との仲を清算するように言われます。ストーンは優れた選挙参謀でしたが彼はヘイワードの私生活にまで口を出し厳しく管理するのでヘイワードは何とかストーンを始末しようと思っていました。ある晩、ヘイワードは「リンダとの関係を終わらせる」とストーンに話します。車で彼女の家に行きたいが護衛が大勢いて困っているので、ストーンがヘイワードに変装して車で出かけて護衛を引き付けている間に自分は、こっそり抜け出したいと提案します。2人はジャケットを交換し、ストーンは上手く警察をまいて打ち合わせどうりヘイワードの別荘に向かいました。しかし、そこにはヘイワードが待っていてストーンは射殺されてしまいます。ヘイワードは自分で用意した腕時計をストーンの物と替え時間を1時間進めてから壊して、自宅に向かいました。自宅では妻の誕生日のパーティがあり、そのために護衛をまいたんだと言い訳するつもりでした。しかもパーティの最中に中座して「今、ヘイワードを殺した」と自分で警察に電話をかけてしまいます。つまりヘイワード自身には妻の誕生パーティに出ていたという完璧なアリバイが成立するのです。
事件は人違い殺人ということになりましたがコロンボだけは違うと思っており、秘書のリンダとヘイワードの関係や、ストーンの身なりと腕時計のアンバランスさ、殺されたストーンが着ていたジャケットをもう1着オーダーしたことなどから、ヘイワードを疑うようになります。そして弾道検査の結果から待ち伏せされて射殺されたという事実が浮かび上がってきます。焦ったヘイワードは狙われているのは絶対に自分なのだ、と思わせるためにホテルの自室で一芝居うちます。しかしコロンボには全て予定どうりでした・・・。



感想

この、野望の果ては脚本に5人ものライターが顔を見せていて、練りに練った作品と言えるでしょう。そのわりにゲストがやや小粒な感じがします。しかしそれは私が知らなかっただけで、ヘイワード役のこのジャッキー・クーパーという俳優さんは子役で大活躍して9歳でアカデミー主演男優賞にノミネートされた方!大人になってから?はTVドラマの監督さんになってエミー賞を2度も受賞されているそうです。言われてみれば微妙な表情の演技が上手いような気がします。製作者側からしてみれば充分に現場を知り抜いている役者さんだから身のこなしもスマートで、やりやすいだろうな〜と思ったりして(笑)
そして、そんなジャッキー・クーパーの超ビックリの吹き替えさんが、あの中谷一郎さん!あの水戸黄門の風車の弥七さんの!弥七さんも昔はワルだった人ですけど(笑)
それがまたピッタシの吹き替えなんです。ホント、このエピソードは中谷さんの吹き替えを聞くだけでもオススメしたい1本です。さて、今回はコロンボさんは殺人課にもかかわらず最初から選挙運動の最中にいます。これぞアメリカな大イベントに参加しているコロンボさんですが、まぁいつもとたいして変わらずにマイペースです。犯人が議員候補ということで弁が立つし、投票してほしいから邪険にもできない立場。そこに漬け込んでコロンボさんは特にしつこくつきまといます。まさにコロンボVSヘイワードの戦いが繰り広げられるのです。回りがワイワイ騒がしかったりして、この作品はいわゆる刑事ドラマっぽいところも沢山ありコロンボが仲間と一緒に働くところも見られて楽しいです。でもヘイワードが優秀な選挙参謀を愛人のために殺してしまうという動機は、ちょっと理解できないかも。さらにヘイワード氏がリンダ嬢のような若くて美人と付き合っているという設定も無理があったかもな(笑)え〜、そんなことは別にして、またまたご出演のヴィト・スコッティさん!今度は高級紳士服店の支配人です。コロンボとのやり取りが抜群に面白いです!正直もっと彼を見たいと思ってしまいますが、ちょこっと出るのが奥ゆかしいんですよ〜!
最後コロンボが「あなたを逮捕します」と言うのですが、これはものすごく珍しいセリフです。それも大勢の人が見ている前で。しかし犯人のヘイワードが「犯罪撲滅をスローガンに掲げている上院議員候補」であることを考えば、それは当然のことかも知れません。そして、この作品に限ってはコロンボが犯人にワナを仕掛けることもなくバッチリ解決するのも見所です。



posted by まほ at 10:02| Comment(2) | 第18回 野望の果て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若いオネ〜ちゃんに入れあげるって言うのは、判らないでもないです。
でも、あのリンダさんは真面目過ぎですね。
そこが浮気のポイントとずれるかな?


優秀な選挙参謀ねぇ〜うっとうしかったんだよ。
ヘイワードさんはこいつなんか居なくても当選するのにって言う変な自信があったように見えますが・・・。
Posted by フルハシ隊員 at 2007年07月30日 18:49
フルハシ隊員さん、こんばんは。
なるほど、若くて美人のリンダさんを男性が、ほっておくわけないですね。奥さんとの仲も上手く行ってなかったですしね。

おっしゃるとおりですね。ヘイワードさんは自信たっぷりだったのかもしれませんね。選挙参謀に私生活にまで口を出されるとイヤになるでしょうね。
Posted by まほ at 2007年07月30日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。