2007年07月22日

第36回 ルーサン警部の犯罪

シックス・シーズン

刑事コロンボ

ルーサン警部の犯罪

FADE IN TO MURDER



177.jpg


日本放送 77年12月

脚本・・・ルー・シャウ&ピーター・フェイブルマン
監督・・・バーナード・L・コワルスキー
ゲスト・・・ウィリアム・シャトナー


今回のカミサン

ルーサン警部(犯人)のファン


ストーリー

TVドラマで「ルーサン警部」を演じるウォード・ファウラー(ウィリアム・シャトナー)はエミー賞を受賞し、テレビ界では最高のギャラを取る人気スターでした。彼を発見し売り出して今でもマネージャー的な存在のプロデューサー、クレアはウォードが脱走兵であるという過去を知っていて長い間ウォードの収入の半分を搾り取っていました。しかしそんな生活がイヤになりクレアの束縛から逃げたいと思ったウォードは彼女の殺害を計画します。
クレアがトニーの店に寄ってサンドイッチを買ってから試写会に行くという予定を知ったウォードはその夜、撮影所の衣装部からダウンジャケットやスキー用のマスクなどを盗み出し、小道具部からは拳銃を盗み出します。そして自宅に付き人のマークを招いて一緒にTVの野球中継を見ていました。
ウォードはマークにバルビタール入りの酒を飲ませて眠らせ野球中継を録画セットしてからトニーの店に向かいました。ダウンを着込み、マスクをかぶり、拳銃を持って強盗を装い、クレアの前に現われたウォードは両手を上げて立っているクレアを射殺し金を奪って逃げました。急いで自宅に戻った彼はマークを起こして録画しておいた野球中継の続きを見せます。これでウォードのアリバイは完璧です。
クレアの死体が発見され警察関係者、そしてコロンボがトニーの店に集合します。クレアの死体を見たコロンボは服に残った銃弾の位置が心臓とズレていることを発見し、それが気になるのです。
マスクとダウンジャケットが発見され、マスクに残った化粧品が俳優が使うパンケーキという特殊な物であること、小道具部で発見された拳銃にクレアの夫シド・デイリーのセーターの毛糸がついていて犯人はクレア殺しの罪をシドに着せようとしたこと、またウォードと野球中継を見ていたマークの高価な時計が5分も狂っていたことなどからコロンボはウォードが犯人ではないかと疑い始めます。ウォードが怪しいとにらんだコロンボは撮影所やウォードの自宅に頻繁に出入りし、ついにウォード自慢の最新のビデオシステムを見せてもらうことに成功。「ルーサン警部」と犯人像について話しているうちにウォードを追い詰めていくのでした。凶器の拳銃の中に入っていた空砲を調べたコロンボは「拳銃には指紋はありませんでしたが、この空砲に指紋が残っているんです」とウォードに言います。
実弾と空砲を入れ替える時に空砲の指紋をふき取るのを忘れたウォード。犯人役はやったことがない彼の大きなミスでした・・・。



感想

シックス・シーズンの始まりは、ルーサン警部の犯罪です。ユニバーサル・スタジオで撮影された作品としてはセカンド・シーズンの、偶像のレクイエム以来2本目。お手軽に出来るということでこれほど良い脚本はありません。しかも楽屋落ちのジョーク満載。犯人役はウィリアム・シャトナー。ご存知「スター・トレック」シリーズのエンタープライズ号のカーク船長なのです。以前の作品の、溶ける糸(セカンド・シーズン)にはミスター・スポック役のレナード・ニモイが出ていました。
今回の犯人ルーサン警部というのは、なんと言うかコロンボさんの置かれた立場と似ている!という噂がありまして、この時、高額のギャラを取り自分のやり方にこだわるピーター・フォークさんには風当たりが強かったらしいのです。考えてみれば「コロンボ警部VSルーサン警部」なんていうのは何もそこまで・・・と思えなくもないです。実際の殺人事件を、TV番組で刑事役をやっている人とプロの刑事が協力して解決するなんていうのは面白いとも言えますが、わざわざウォードのことを怪しいなんて言うルーサンの気持ちがよくわからないんですよね。アリバイがあったとしてもクレアとは深い関係にあったんですから。それはともかくカーク船長とは違うウィリアム・シャトナーさんを見れるのは楽しいです。髪の色も違うし体型も違う(笑)吹き替えが大違いでビックリなんですよね!いつもは矢島正明さんですが、今回に限り山城新伍さん〜! 始めは違和感ありありなんです。でも慣れてくれば大丈夫になります。ちょっと卑怯なウォード役はむしろ山城さんがピッタリかも。でも予想に反して山城さんは上手いんですよね、吹き替えが。さすがベテラン俳優さんという感じ。
カーク船長が出るのなら、ということでチェコフも出てくれます。エンタープライズ号の航海士役で幾多のピンチを乗りきった仲のカークとチェコフ。しかし、このチェコフのウォルター・ケーニックがなんとコロンボさんの部下ジョンソン刑事役なのが最高に面白いんです。そんなわけでこのエピソードではエンタープライズ組は顔を合わせることはありませんが(笑)犯人につきまとって撮影所を訪れるコロンボさんは映画で使われたジョーズが泳ぐのを見たり、ウォードのプロフィールが書かれた紙をもらったりして、ちょっと楽しそうでした。ラストの空砲の指紋は予想できなかっただけに、かなりイイ線いってたと思ったんですが、それってウォードがあまりにもマヌケに見えてしまって悲しいな。
「今回(の事件)は同情される犯人の役なんだ」と言うウォードですが「納得してあげてもいいよ」としぶしぶ答えるコロンボさんのセリフが全てを物語っているかもしれませんね。


177
posted by まほ at 21:50| Comment(1) | 第36回 ルーサン警部の犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。