2005年10月31日

第11回 ロンドンの傘

13.jpg

セカンド・シーズン


刑事コロンボ
ロンドンの傘 DAGGER OF MIND




日本放送 73年 7月

脚本・・・ジャクソン・ギリス
監督・・・リチャード・クワイン
ゲスト・・・リチャード・ベースハート、 オナー・ブラックマン



今回の親戚
ボーイスカウト(の派手な制服)が好きな弟


ストーリー
舞台はロンドンのある劇場。「マクベス」のリハーサルが行われていました。初日は明日です。主演のマクベス夫妻を演じるニック(リチャード・ベースハート)とリリー(オナー・ブラックマン)は落ち目の俳優夫婦です。今回の「マクベス」もリリーがサー・ロジャー・ハビシャムを色仕掛けでスポンサーにして実現させた公演でした。
夜、突然、楽屋を訪れたサー・ロジャーは2人のたくらみに気づいて激怒しリリーを売女呼ばわり。明日、幕のあく「マクベス」の公演を中止にしてやると叫びます。
ニックはサー・ロジャーを説得しようとしてもみ合い、慌てたリリーがクリームのビンを投げつけると、それがサー・ロジャーに当たって、運悪くサー・ロジャーは死んでしまいます。
サー・ロジャーが「誰にも見られずに楽屋まで来た」と言っていたのを信じたニックとリリーは死体をサー・ロジャーの屋敷まで運んで、彼が階段から足を滑らせて死んだように偽装しました。翌朝、死体が発見されます。そんな折、刑事コロンボが研修のためにはるばるスコットランドヤードまでやって来ていました。接待役のダーク刑事部長がサー・ロジャーの遠縁だったために、サー・ロジャーの大邸宅に同行することになります。地元の警察もダーク刑事部長も単なる事故で片付けようとしますがコロンボだけは疑問を持ちます。独自の調査?の結果ニックとリリーに疑いをもったコロンボでしたが、今回ばかりは手が出せません。サー・ロジャーがロウ人形館に展示される日、コロンボは、またまたワナを仕掛けます。ポイントは傘・・・。コロンボの異国の地での犯人逮捕はどうなるのでしょうか?

感想
この作品は刑事コロンボ初の海外ロケです。場所はロンドン。格調高いBGMが流れ、美しく撮影されたコロンボは、それだけでも見ごたえがあります。なんと撮影は「2001年宇宙の旅」のジョフリー・アンスワース担当だそうです。ゲストも豪華!まず、ニック役のリチャード・ベースハート。彼はフェリーニ監督の「道」でヴァイオリンを弾いていた人。吹き替えは高橋昌也さんで、高橋さんがTVドラマの吹き替えをやるのは非常にめずらしいです。リリー役のオナー・ブラックマンはボンドガールだったそうで、TVシリーズ「アベンジャーズ」のヒロインもやっていた女優さん。吹き替えはムーミンでお馴染みの岸田今日子さん。そういえば顔や雰囲気が何となく似ているような気がします。この吹き替えのコンビ、私は大当たりだと思うんですよね。舞台の緊張感のあるセリフ回しなど特に良かったです。
サー・ロジャーを演じたジョン・ウイリアムズも名優だし、ウィルフリッド・ハイド・ホワイトの執事タナー役は、これぞ英国!の古き良き伝統を感じさせてくれました。このおじいちゃん俳優は半世紀以上も活躍していた名バイプレイヤー。さて、今回のコロンボさん。空港でスーツケースが無くなったり観光気分で記念写真を撮ったりしているうちに、殺人事件に遭遇してしまいます。そのおかげで色々と英国を知ることもできたわけですが(笑)しかし捜査に興味はあっても直接かかわれないという、もどかしさがついて回るのです。ラストはコロンボの本領発揮なんですけどね。なぜか犯人に対しての扱いは英国のほうが厳しいようです。最後2人が連行されるシーンなどは、今までのコロンボでは、そこまでやらなかった。そのへんの結末も英国バージョンということかも知れません。色々と趣向をこらした展開が多いセカンド・シーズン。今回、プジョーもドッグも出てきませんが、旅行先ではしゃぐコロンボ、執事に会って感動するコロンボ、ロンドンの雨でずぶぬれになるコロンボ、などなどファンにとっては充分に楽しめます!この作品、2時間バージョンのエピソードの中でも、かなりの傑作だと思います。
posted by まほ at 08:40| Comment(12) | 第11回 ロンドンの傘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。